一日葬とは

一日葬とは

一日葬は、お通夜を省略した葬儀のことで、地域や業者によっては「出棺葬」という言い方をする場合もあります。

一般葬のお通夜にあたる1日目は、家族や親類、ごく親しい友人だけで行い、翌日は通常の告別式と同じく、ご近所や会社関係など一般の参列者にもご会葬してもらう儀式となります。

一日葬が最近人気を集めている大きな理由は、一般の方々がご会葬するお通夜を省略することで、故人とのお別れの時間をゆっくり送ることができるからです。 ただし、ご家族は知らなくとも、生前に故人が親しくしていた方々やお世話になった方々にも参列してもらえることは、故人にとっても喜ばしいことでもあります。その点を考慮して、1日目は身内だけでゆっくりと故人との時間を過ごし、2日目は通常の告別式と同様に、一般の方々にもご会葬して頂くという趣旨のスタイルが一日葬となるわけです。その点は、家族葬や直葬・火葬と大きく違う点でしょう。

また、直葬や火葬では、葬儀の煩わしい手間や費用も考えればメリットが多いものの、故人とゆっくりとお別れする時間がないというデメリットもあります。そのため、ごくシンプルなものとして、家族葬や一日葬・出棺葬が人気を集めるようになりました。 もちろん、残された遺族の意思だけで一日葬が行われるケースばかりではなく、故人が生前に葬儀はいらないと言っていたからというケースも最近では多くなっています。そこには、残された家族にいろいろな面で負担をかけたくないという故人の想いが偲ばれます。

それに、一般層の場合、僧侶や牧師をお呼びして行われることが多いのですが、一日葬なら宗教にこだわりがなく、無宗教の方でも遠慮なしに行うことができるというメリットもあります。 ただし、一日葬で僧侶にお願いし仏式のお経を上げてもらうには、一日葬の趣旨をきちんとご説明し、理解を得ることが大切です。なぜなら、本来は「通夜」と「告別式」が一連の流れの中で行われるものだからです。そこにこそ本儀があるとして、一日だけの葬儀では受けられないとするお寺や神社もありますので、事前にきちんと確認を取るようにしましょう。

Calendar