葬儀の形態におけるポイント

葬儀の形態におけるポイント

ここでは自身の葬儀を迎える前に、事前にご家族などと話し合い決めておくと安心できることを少し紹介していきます。
きちんと考えておくことが実際に葬儀を行わなくてはならない残された方々のためにもなりますので、この機会に2つだけポイントだけ押さえておきましょう。

ポイント1は、どのような形で葬うかということです。
近年では、自由度も高まりいろいろな形態の葬儀が用意されています。
その中でご自身ならばどのような形で見送られたいのか、またご家族の希望がどのような見送り方なのかを話し合っておく必要があります。
葬儀の形態を選ぶ際は、規模も考慮すると同時にどの範囲の人を呼ぶのかということにもつながります。
ご自分で呼びたい方々をピックアップし、リスト化しておくことで、実際に葬儀を執り行う段階なった時にご家族が困惑することを防げますし、義理を欠くような事態を防ぐこともできます。

■ 東京都下の葬儀

 

Calendar