葬儀のことを考える

葬儀のことを考える

葬儀といえば、自分の死後、残されたご家族の方々が準備をして執り行なう形が一般的なかと思います。
ただし本来一番重要になるはずの故人の意思はこの場合どうでしょうか。
もちろん、生前に様々な希望を言い残すことにより故人の意思が反映されたとされる葬儀が行われるケースも多々あります。

とはいえ、明確な意思表示がなくて自分のイメージした葬儀を行ってもらえないことが多いのもまた事実です。そのころには故人には確認ができないからです。
要因として、自分の要望が必ずしもご家族と一致しているとは限らないからです。
実際に現実問題として、葬儀を執り行うのはご家族であり、その意向ももちろん重要な項目となります。

上記観点より、自分の意思を生前にご家族とよく話し合い、要望を伝えてポイントを押さえた方向性の共有しておくことが必要であるとわかっていただけたと思います。
そこで、ここよりは自分の葬儀についてイメージし、生前にご家族を中心に話し合い決めておくべき事を少し紹介したいと思います。
ほとんどの方が、生前には葬儀のことなど考えたくないというのが本音でしょうが、話し合いの上、明確に伝えておくことが実際に葬儀を行わなくてはならない残された方々のためにもなりますので、この機会に押さえておきましょう。

■ 東京23区内の葬儀

 

Calendar