生前準備の必要性とトラブル要因

生前準備の必要性とトラブル要因

もし自身が亡くなったあと、証券関係、生命保険、預貯金等の財産をわかるように用意をしないと、遺族間で遺産相続におけるトラブルが起こる可能性があります。
またマイナス面では、借金がある場合、死亡確認後の債権者が突然ご家族に請求をしてくるというケースがあります。その場合、ご家族は不測の事態に直面することになってしまいます。
そうならない為にも、プラス・マイナスの財産両方ともが、ご家族に明確jに伝わるようにしておく準備が必要なのです。

財産は金銭だけではありません。意外と知られてないのは、あなたの交友関係。
お葬式を行うにしても、生前お世話になった方々にご家族がお礼をする場合が多々あるでしょうから、交友関係がわかるようにしておくことが大切です。
例としては、ノートや日記に付き合いがわかるように、関係や名前、連絡先を残しておくと、大変にご家族の助けとなるでしょう。
反対に、交友関係が不明確であれば、ご家族が呼ぶべき人を呼べなかったりといった不義理を知らないうちに犯してしまったり、事後に人間関係におけるトラブルの原因になりかねません。

実際、私も祖母が亡くなったとき、お葬式の準備をしたものの、集まった親戚縁者一同、祖母の交友関係を正確に把握している人はいませんでした。幸い、生前こまめに記入していた手帳に付き合いのある方の名前や連絡先がある程度載っていたので何とかなったという感じです。

あなた自身のことを一番理解しているのはほかでもないあなた自身、残されたご家族に心配をかけないように、生前からしっかり準備しておきましょう。
この後も、生前にできる準備に何があるか見ていくことにしましょう。

■ 東京都下の家族葬
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar